【写真でわかる!】南新宿駅からのかぞくのアトリエ(渋谷区支援センター)への行き方

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12

かぞくのアトリエ

渋谷区のこども・親子支援センター、「かぞくのアトリエ」をご存知ですか?

marimari1101 / Pixabay

↓かぞくのアトリエHPより引用

かつて、地域のこどもたちが放課後時間を過ごした旧代々木学童館が、
「かぞくのアトリエ」として生まれかわりました。

こどもたちが、ともだちと出会い、遊ぶ空間。
こども、おとな、みんながアートに親しむ週末。

お母さん・お父さんたちが、子育ての楽しみや喜び、
時には悩みを共有できるサロン。

子育て、くらし、アート、自然、地域…
いろんなことが出会い、つながり、広がる場所。
そこから生まれる豊かな時間、あたたかな体温のある場所。

「かぞくのアトリエ」は、そんなあたらしいかぞくのための
コミュニティサロンです。

わたしが行ったことのある子育て支援施設の中で、一番すてきな施設でした。

渋谷区民でなくても利用可能ですので、まだ行かれたことのない方におすすめします。

HPもかわいいです。

かぞくのアトリエのすてきなところ

■渋谷区の施設ですが、渋谷区民でなくても利用可能なところ

■地下、1階、2階とそれぞれ特色があがあり、広々と開放的なところ

地下【プレイルーム】

体育館みたいなところ。体を思い切り動かせるスペース。

マットやソフトな素材の遊具もあります。カラフルです。

1階【親子サロン】

カフェスペースと絵本やおもちゃで遊べる小上がり。

LuckyLife11 / Pixabay

カフェスペースには、お茶やコーヒーやお水が用意してあり、フリーで頂けます。

またお弁当の持ち込みもOKで自由にランチができるようになっています。

ストッケのベビーチェアもありました。

2階


絨毯が敷き詰められているので、赤ちゃんを安心してころころさせることができます。

絵本やおしゃれでかわいい木のおもちゃも沢山あります。

親子教室アートスクール(講座)の会場も2階のようです。

一度だけ親子教室にも参加しましたが、とても有意義な時間を過ごせました。

魅力的な講座が沢山あるのでまた参加したいです。

年に一度のスペシャルイベントも豪華!


過去にはミナペルホネンのワークショップに、プーク人形劇場の人形劇が観劇できるイベントが。

とっても豪華ですよね。

かぞくのアトリエへの道順

とっても魅力的なかぞくのアトリエですが、初めて行った時には道に迷ってしまいました。

このブログでは、過去のわたしが欲しかった情報を記事にしたいと思っているので、行き方を写真つきで紹介しますね。

(注 2017年にこの記事を書いた時点では、公式HPアクセスのページはテキストのみで写真つきではありませんでした。2019年に久々にHPを見たところ、写真付きでわかりやすくなっていました!おぉ!!もう需要があるかはわかりませんが、過去に書いたブログの記事を少しずつリライトしているので、楽しく見ることができるページになるよう修正しました。)

↓かぞくのアトリエHP アクセス より

小田急線「南新宿駅」徒歩2分
改札を出てすぐ右手にある、駅脇の狭い路地に進み、ガードをくぐり線路の反対側の路地にお進みください

それでは、HPの説明に写真を照らし合わせてみます。


▼小田急線 南新宿駅です。
改札は一つです。

▼”改札を出てすぐ右手にある、駅脇の狭い路地”とはここのことです。
まっすぐ進みます。

▼”ガードをくぐり”のガードです。

▼ガードをくぐるとこんな景色。
白い建物が見えます。
”線路の反対側の路地”です。

▼”線路の反対側の路地”を進んで右に曲がります。

▼民家の生け垣が見えてきます。

▼生け垣を左に曲がります。

▼まっすぐ進むと、かぞくのアトリエに到着!

参考になれば…と思います。

お出かけ前にはカレンダーの確認を

休館日は日・月・祝・年末年始。

開館時間は9:30-17:30

HPのカレンダーをクリックすると、その月の毎日の催しがわかるようになっています。
カレンダーの「今月のinfo」に小さく未就学児の時間帯等の情報が載っているので、
カレンダーを確認してからお出かけされるとよさそうです。

魅力的な「かぞくのアトリエ」、今年も沢山利用させていただけたらいいなと思っています。

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12
レスポンシブル2.12

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする