【乳幼児がいてもグリーンのある暮らし】初心者向け、手入れが簡単でおしゃれな植物

Hans / Pixabay

2度目の引っ越しをしてから、部屋に植物を置きたい気持ちがわいてきました。春だからかな?

子どものいたずらを考えると植物を置く場所は限られてしまいますが、植物を飾るとインテリアの雰囲気がよくなって気分が変わります。

手軽でお財布にも優しいというのも嬉しいですね。

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12

初心者でも手入れが簡単な植物と、子どものいたずらから守る置き方

■ドウダンツツジ

これは前の部屋での写真。

ダイニングテーブルの上にドウダンツツジを飾りました。テーブルに木が生えているみたい!

初夏になるとSNSやブログ等のインテリア写真でよく見るドウダンツツジ。

大きめのガラスの花瓶にドンと生けるだけで、おしゃれで爽やかな部屋に。

1ヶ月くらい楽しめるのも嬉しいですね。

テクニックいらずで簡単に部屋の雰囲気が良くなる枝物って大好きです。

花瓶はテーブルの奥+ユニットシェルフの手前という、子どものいたずらからギリギリ逃れる位置に置きました。

こちらは現在のキッチン。

壁にはユーカリとヒバのスワッグと、ミモザのリースを飾っています。

■ユーカリとヒバのスワッグ

水彩の風景画のポストカードも一緒に飾っています。ヘルマンヘッセの絵です。

ヘッセはこんな本も。

■ミモザ

スワッグもリースも近所のお花屋さんで安く購入したもので、適当に作ってみました。
どちらも上手にはできていませんが、植物って存在自体が美しい!

ドライフラワーは壁にかけても軽いので、賃貸でも安心。

高いところにかけることになるので、子どもの手も届かないのもいいですね。

■ワイヤープランツ

テーブルの上にはワイヤープランツを置いています。

ワイヤープランツは丈夫で、すくすく育つ植物です。

初心者でも育てやすいですよ、とお店の人が言っていたので購入。

■アイビー

買ってきたばかりのアイビーを冷蔵庫の上に。子どもの手が絶対届かない場所です。

まだ植え替えしていない状態ですが…。

ツタ植物だけあり強くて増やしやすいので、カットして花瓶へ。

洗い物しながら緑が目に入ります。なかなかいい感じです。

リビングにも、アイビーを。

鴨居フックというフックに吊るしています。鴨居フックは乳幼児のいるご家庭で、地味に活躍してくれるアイテム。

子どもに触られると困るものは鴨居フックにかけて避難です。

植物の話から脱線しますが、テッシュをかけるといたずら防止にもなりますし、定位置も決まるのでとってもおすすめ。

もうすぐ3歳の娘も植物に興味津々

わたし自身植物がたくさんある家で育ち、自然と植物に興味を持つようになりました。

母がお世話をしていたので初心者ですが、これから植物のある暮らしを少しずつ楽しんでいきたいなと思っています。

娘もお花屋さんに行くのが大好きで、散歩していても植物に興味を持つようになってきました。

図鑑はパラパラめくるだけでも鮮やかで楽しめるので、散歩で見かけた植物は一緒に調べてみることにしています。

大昔の図鑑が活躍中。

桜も咲き始めましたし、散歩の途中でつくしも見かけました。木の芽時ってまさに。

家の中の植物もいいけど、お花見も楽しみたいな〜!

春らしいおやつ。

いろいろ脱線しましたが、お読みくださりありがとうございました。

すてきな春を♡

▼ヘッセのイラストも載っています

▼大人も楽しめる絵本です

▼文字のない絵本
森の中に動物が隠れています…

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12
レスポンシブル2.12

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする