【展覧会と淡路町散歩】坂口恭平さんのパステル画を見てきました

お出かけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは!カイカです。

 

神田にある手と花というアートギャラリーにて開催されている坂口恭平 展「Pastel」を見に行ってきました。

 

展覧会名:坂口恭平「Pastel」
会期:8月23日(日)~9月6日(日)
営業時間:16:00〜22:00
休廊日:水曜日
会場:手と花|TETOKA
住所:東京都千代田区神田司町2-16-8.1F
Tel : 03-5577-5309

 

 

坂口恭平(さかぐち・きょうへい)
1978年、熊本県生まれ。料理家、作家、建築家、音楽家、画家。2001年、早稲田大学理工学部建築学科卒業。2004 年、路上生活者の住居を収めた写真集『0 円ハウス』を刊行。2008年、それを元にした『TOKYO 0 円ハウス 0 円生活』で文筆家デビュー。2011年、東日本大震災がきっかけとなり「新政府内閣総理大臣」に就任。その体験を元にした『独立国家のつくりかた』を刊行し、大きな話題を呼ぶ。最新刊に『自分の薬をつくる』(晶文社)。

 

 

小さめの作品が沢山ありました。

 

ギャラリーの入り口は開放されていて、みなさん写真を撮りながら熱心に絵を見ていました。

 

 

光と風を感じる作品。

 

自然を感じられる絵って好きです。

 

 

海行きたいなあ…。

 

 

この絵が一番気に入りました。緑多め。

 

 

ギャラリーの前には、おや!?ドラえもん!!!

 

 

神田・淡路町あたりは趣のある建物が多く、散歩していて楽しかったです。

 

かんだやぶそばが復活した姿も遠くから拝めました。

 

淡路町の方まで行ったところで、ワテラスという超近代的なビルが出現!

 

 

ワテラスの前はきれいな芝生の公園のようになっているので、一緒にお出かけしたポケモンたちと家族で休憩しました 笑。

 

絵を見て散歩して、気分転換になりました。

 

息継ぎできた感じがします。

 

冬ごもりの前に、様子をみてちょこちょこ息継ぎできたらいいな…。

 


 

関連記事

よろしければこちらもご覧ください。

【武蔵野プレイス】素敵な建物の図書館、おはなしのへやで絵本を読んできました【東京・武蔵境】

 
最後までお読みくださり、ありがとうございました!