【ノンタンに共感!?】イヤイヤ期に効く絵本

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

絶賛イヤイヤ期の2歳5ヶ月の娘。

 

いろんなイヤイヤに手を焼いていますが、ノンタンの絵本の読み聞かせで、おかたずけのイヤイヤと、順番を守ることへのイヤイヤが軽減しました!

 

絵本のセリフを囁くと…

congerdesign / Pixabay

 

アンパンマンも好きですが、圧倒的にしまじろう信者の娘。

 

でも、ノンタンの絵本がかなりツボだったようです。

 

今まで与えた絵本の中で一番反応がいい!
笑いながらノンタンに共感しています。

 

わたしや周囲の雰囲気からマズイな…とは感じているけれど、欲求に負けてお約束を守れなかった時に、ノンタンの絵本のセリフを囁きます。

 

印象的なセリフを囁くとハッとする娘。
娘も一緒になってセリフを口にしながら行動を正す傾向。

 

ぱっぱらぱらら ちらかしっぱなし。

 

まってよ まってよ、かわるよ かわるよ。
10まで かぞえたら、じゅんばん かわるよ。

 

1・2・3、4・5・6、7・8・9・10、
おまけの おまけの きしゃぽっぽ、
ぽーっと なったら かわりましょ!

 

バツの悪さを、一緒にセリフをいうことでごまかしているんじゃないかな 笑。

 

『ぶらんこのせて』の方は、数を覚えるのにも良さそうですね。

 

ダメだよ!が増えがちなイヤイヤ期に、絵本で理解したうえで楽しく行動を正すことができるっていいですよね。

傍若無人(!?)なノンタン

 

しまじろうの優等生ぶりに比べると、ノンタンは随分とやりたい放題。

 

大人が読んでいても、遊んでいるとついついやりたい放題したくなっちゃうよね!とは思います。

 

だぶんこのノンタンのやりたい放題っぷりが、娘の気持ちを代弁してくれているようで反応がいいんだと思います。

 

声に出して言いたくなる語感に、リズム感溢れる言葉がたくさん。
読み聞かせをしていても軽快で気持ちがいいです。

 

文章の量も2歳児にちょうどいいというのもポイント。

 

娘もお気に入りのノンタンシリーズ。
しばらくお世話になりたいと思います。

 

イヤイヤ期を平和に乗り切りたい方に、力を貸してくれる絵本だと思います。

 

 

 

 

関連記事

【楽な仕組み】図書館で借りた本には指定席を・お薬はスプーンで!