【飛び散らない】爪キャッチが付いているベビー爪切り「つめ切りハサミ つめパックン 」

わたしの使っている赤ちゃん用爪切りは、これです。

「つめ切りハサミ つめパックン 」

ネーミングからもわかるとおり、切った爪をキャッチしてくれる機能があるベビー用爪切りはさみです。

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12

赤ちゃんの爪切りは一仕事!

はじめて我が子の爪を切った時、

とーーーーーっても緊張しました。

赤ちゃんの爪って、伸びるのはやいですよね。

伸びた爪で顔を引っかいたりしたらいけないけど、新生児の時期はわたしが慣れないのもあり恐る恐る爪を切ってました。

かわいい小さな手まで切ってしまわぬよう、毎回ドキドキ。

11か月になった現在、爪を切ることにはすっかり慣れましたが、娘も成長してじっとしていてはくれないんですよね。思い切り動いてくれます…。

わたしは娘が起きているときに爪を切っています。

せっかく寝かしつけしたのに、爪切りのせいで起きてしまったら…と思うと寝ているときにはできなくて。

あと、娘が寝たらPC開いてブログの時間!というスタイルでこのブログを書いているので、爪切りはやはり起きている時間になってしまいます。

「つめ切りハサミ つめパックン 」は爪が飛び散りません

この爪切り、機能的だなと思って出産準備の時に用意しました。

道具を選ぶときに余計な機能が付いていないものの方が洗練されているし、シンプルでいい場合もあります。

でも「つめ切りハサミ つめパックン」については、爪キャッチがついていて本当によかったです。

よくあるはさみタイプの赤ちゃん用爪切りは、赤ちゃんが動いて爪が床に落ちてしまったりしないのかな???疑問です。

爪が赤ちゃんの周りに落ちてしまったら、落ちた爪で肌を傷つけてしまはないかが心配。

購入するときレヴューを読むと、切りにくいとか爪キャッチが邪魔になるとかの意見もありましたが、もうこれは慣れではないかと思います。

つめ切りハサミで爪を切ることが初めて+自分以外の人の爪を切ることが初めて

両方初めてな上に、相手は赤ちゃんなんですもの。難しいに決まっています。

購入したら、まず自分の爪を自分で切ってみると練習になると思いますよ。

赤ちゃんの爪を「爪切りハサミ つめパックン」で切るときのコツ

娘の爪切りを写真で撮るのが難しかったので、少々解りづらいかもしれませんが、しまじろうの人形で説明すると…

× うまく切れない

直角になるようハサミを当てると、先端少ししか切れません。

○ 切りやすい

ハサミを少し傾けて爪を挟むように切る。爪キャッチがついている方の刃に、切りたい部分の爪を引っかける感じ。

目線は、ハサミの刃と爪先に集中。

伝わるといいのですが…。

爪を切る頻度は多いので、「つめ切りハサミ つめパックン 」での爪切りはすぐ慣れて上達すると思います。

普通のつめ切りハサミで爪を切ると、毎回切った爪の処理を考慮しないといけませんよね。

頻度が多いだけに大変じゃないかな!?

たまった爪は、爪切りを逆さにしてとんとんとしたら出てきます。

切った後の爪の処理も楽々!!!

「つめ切りハサミつめパックン」おすすめですよ〜。

↓値上がりしているようなので、同じような商品の方がお求めやすいと思います。

わたしが購入した時は、1000円以内で購入できたのですが…。

↓ 貝印の同じような商品

↓ ディズニーのものも。ミニーちゃんやミッキーもあるようです。

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12
レスポンシブル2.12

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする