【歯磨き講習】歯が8本、0歳11か月 赤ちゃんの歯磨き

metsi / Pixabay

娘の歯磨き

口に手を入れると噛まれるし結構本気で嫌がられるので手こずっていました。

赤ちゃんの歯磨きって難しくないですか!??

わたしは先日講習に参加して、正しい磨き方を教えてもらってきました。

5か月の離乳食開始時に受けた過去の講習では、歯の数が少ないうちは濡れたガーゼで歯を拭くように指導されました。

濡れたガーゼで歯を拭くのは、口の中に手を入れることに慣れる効果もあるとのこと。

「歯が8本生えてきたら」を目安に歯ブラシでの歯磨きが必要と聞いていたので、今回11か月で再び講習を受けました。

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12

自治体が実施している歯磨き講習で教えてもらった、赤ちゃんの歯磨きのポイント

AnnaliseArt / Pixabay

■ 歯ブラシは、なるべく毛の密度の高いものを

■ 歯ブラシの毛の長さは短めの物がいい

■ 歯ブラシの毛が長いものは柔らかすぎることが多い

■ 歯に当てて揺らすように磨く

■ フッ素は8本の段階では塗らない

■ 顔に触れる→唇に触れる→歯茎に触れるという流れでスキンシップをしながら、口の中に手を入れることに慣れてもらう

■ 歯が生える予定の場所はむず痒いので、指で触られると気持ちがいい

歯茎に指が当たるのを嫌がらないようにしておけば、今後虫歯になりやすい奥歯が生えてきたときにも磨きやすい

唇をめくる感じで、お母さんの人差し指を歯茎にぐいっと当てながら歯磨きすることになるので、歯茎を触られるのに慣れさせるのがポイントのようです。

歯科衛生士さんおすすめ歯ブラシ「マミー17  仕上げ磨き用 M」

歯科衛生士さんお勧めされた歯ブラシ
「マミー17  仕上げ磨き用 M」
(講習時、歯ブラシの使い心地が良さそうだったので、商品名を知りたくて袋をもらいました。)

「マミー17  仕上げ磨き用 M」は、毛の密度が高く、硬さもちょうどいいとのこと。

歯磨きの回数は、とりあえず寝る前の一回を丁寧にすればOKと説明を受けました。

昼間は、離乳食を食べたあとにお茶や湯冷しを飲んでもらうだけでも虫歯対策になるそうです。

ピカピカのかわいい歯を守れるよう、スキンシップしながら歯磨き頑張ろうと思います。

乳幼児育児お疲れ様です。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事
よろしければ、こちらもご覧ください。

いたずらに悩みました…

【1歳・いたずら・賃貸】ドア、扉にはストッパーを、ドアモンキーは便利です

子育て中ってなかなか自分に手をかけられませんよね…

【プチプラ】子育て中のスキンケア

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12
レスポンシブル2.12

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする