【1歳・いたずら・賃貸】ドア、扉にはストッパーを、ドアモンキーは便利です

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

1歳を過ぎ、できることが増えてきたと同時に、いたずら対策にもますます頭を悩ますようになってきました…。

 

正直、毎日毎日しんどいです。

【賃貸住宅】乳幼児の安全対策

1歳1ヶ月で、ドアを開けられるようになり行動範囲もどんどん増えています。

 

玄関、洗面所の物まで散乱するように…。

 

いたずら→片付け、毎日の繰り返しでちょっと(いや、だいぶ)疲れてしまいました。

 

賃貸住宅だと、原状回復できないといけないので対策にも気を使います。

ドアモンキーを購入してみました!


 

毎日いたずらの対応にうんざりするので、ドアモンキーを購入してみました!

 

ほんとしんどいから、頼れるものには頼りたくて 苦笑。

 

少々頼りなさそうに見えるこのドアモンキー、ドアや壁を傷つけることなくワンタッチで取り付けられ、ドアを開かないようにすることができます。

 

ただ挟むだけなので、取り付けは驚くほど簡単!

 

大丈夫かなあ…と恐る恐る使用してみましたが、しっかり機能します!!

ドアモンキーの使い方

それでは実際の使用方法を見ていきましょう!

 

とっても簡単です♪

 

▼こんな感じで使用します

ドアに挟んで…

 

ドアが閉まる時に、自然とロック。

 

 

ドアを閉める時に、なにもしなくてもフックが引っかかってくれます。

 

開ける時はつまみを押してフックを解除するか、フック部分を軽く手前に引きます。

 

めちゃ簡単な仕組みです!

 

 

慣れてしまえば、面倒でもないどころか、

 

1日に何度も、あ、ダメダメ〜〜〜ッ!

 

と慌てることを思えば、なんて快適になったことでしょう!!(嬉し涙)

 

娘がガタガタドアを動かしても、大丈夫です!!!

 

 

控えめに言って、最高〜〜〜!!!

ドアモンキーのデメリット

デメリットは、ドアを少し開けた状態でないと機能しないので、常にドアが少しだけ開いていること。

 

アマゾンのレビューを見ると、ドアの厚みが32mmから36mmくらいがドアモンキーを挟むことができる目安のようです。

 

厚すぎるドアははさめませんので注意が必要。

 

あと、娘が寝たあとドアを開きっぱなしにしている時に、ドアモンキーが出っ張っているので、通る時に引っかかってしまい落っこちることがあります。

 

でも、他に対策の方法が思い付かないし、ドアも傷つかずワンタッチで簡単な上、しっかり機能するので購入して本当〜〜〜に、良かったです!

 

▼頼りない見た目ですが、いい仕事をしてくれています!
ドアモンキー、ありがとう!!

キッチンの扉には、ニトムズの「はがせる多用途ストッパー」



キッチンの扉には、コロコロでおなじみニトムズの「はがせる多用途ストッパー」を使用しています。

 

100均のストッパーを、蓋のついたゴミ箱で試してみたのですが、すぐに開閉のつまみを押して外すことをマスターしてしまいました。

 

100均のストッパーは、接着部分も弱いです。

 

リッチェルのものが売れ筋かなと思いましたが、つまみの仕組みが100均のものと同じように見えたので、開閉が多少難しくなっているこちらの商品を選びました。

 

左右のつまみと真ん中の部分を押すと開きます。

 

はがせるという接着部分も、コロコロのメーカーさんなら接着について研究されていそうだと思ったのも選択した理由です。

 

 

 

▼こんな感じでくっつけます。
ドアの取っ手も外しました。


しっかりくっついてくれて剥がれる気配はありませんし、開閉も難しいようでいたずらできなくなりました。

 

「ドアモンキー」「はがせる多用途ストッパー」でだいぶ安全快適に過ごせるようになったかなと感じます。

 

▼ドアへの指はさみ防止には、こんな対策も…

引っ越しの時にはがし易い「賃貸用タイプ」あり。

 

 

 

▼追記

 

 

引っ越しをしました。


ニトムズのはがせるドアストッパー、本当に綺麗にはがすことができましたよ!

 

 

関連記事

転落事故が怖い!マンションのベランダ、バルコニー用のネットの話。

【子どもの落下対策】マンションベランダ、バルコニー用のネットを付けてみました
乳幼児のマンション落下事故のニュースを見ると、他人事ではないなとヒヤリとします。 家の中でも高いところによじ登るタイプの娘なので、ベランダの落下対策は必須でした。 おとなしいお子さんでも、対策をするに...

1歳児と暮らす部屋の安全対策。毎日お疲れさまです。

【引越・6】1歳児と部屋と安全対策、暮らしの工夫
娘が1歳になり、23区のアパートから地方都市のマンションに引越しました。 引越し先で、また一から乳幼児仕様の部屋作りです。 1歳児と暮らす部屋の工夫 大人も子どもも、安全に快適に暮らすために、小さな...