【子どもの落下対策】マンションベランダ、バルコニー用のネットを付けてみました

乳幼児のマンション落下事故のニュースを見ると、他人事ではないなとヒヤリとします。

家の中でも高いところによじ登るタイプの娘なので、ベランダの落下対策は必須でした。
おとなしいお子さんでも、対策をするにこしたことはないんじゃないかなと思います。

対策をしてから時間がたち効果を感じましたので、記事にしてみました。

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12

ベランダの柵に足をかけることができないようにしました

Free-Photos / Pixabay

ベランダに出るときは必ず私か夫と一緒に出るようにしていますが、1歳後半くらいから洗濯物を干している間にもベランダによじ登ろうとするようになりました。

ベランダには子どもが乗ることができるものは室外機以外には置いてありませんが(これは基本ですよね)、柵自体にも対策が必要ではないかと感じました。

子どもの動きは予期できないことがあるので、物理的にベランダの柵に足をかけられないようにしてしまおうと考えました。

専用商品ではありませんが、バルコニーシェードを購入しました

我が家で購入してみたのは、バルコニーシェードです。

ネットというか、シートというか。目が細かいポリエチレン製のものです。
穴が開いているので、風はよく通り抜けます。

子どもがベランダの柵に足をかけられないようにすれば対策になると考えたので、専用商品ではなく、目隠しや日よけのための商品を付けてみたのでした。
ちょうど良さそうな商品に感じたので…。

たた、専用商品ではないので絶対効果があるとは言い切れません。

でも、我が家の場合はバッチリ効果ありでした。

いいところ

  • 落下事故にヒヤヒヤしないで洗濯物が干せる
  • 日よけや目隠しにもなる(UVカット率:約85% 、遮光率:約85~90%)
  • ふとんを干したりも問題なくできる
  • 取り付けが簡単で原状復帰がすぐできる
  • 値段がお手頃

わるいところ

  • 子どもの目の高さだと景色が見えなくなる
  • ベランダが少し暗くなる

わるいところもありますが、安全対策の効果は感じますし、わたし自身は不便に感じることは特にないのでこのバルコニーシェードを付けて良かったです。

ネットを付属の結束バンドで留めるだけなので、取り付けもとっても簡単!

コツは、上下だけじゃなく左右も留めること。(左右の隙間から娘が入ろうとしていて驚いたので、左右も留めた方がいいです 汗)

台風も何回か来ましたが外れることもなく、また水に濡れてもすぐ乾いているように感じます。

ベランダからの落下事故を心配に感じている方へ、試してみるにはいい商品ではないかとわたしは思います。

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12
レスポンシブル2.12

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする