【抱っこ紐の防寒】エルゴにもnapnapにも、ベビーホッパーの防寒カバーを

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

寒くなる時って、いきなりですね。

 

娘はふとんを元気よく蹴飛ばして寝ているので、スリーパーを急いで出しました。

 

ついでに少し早いですが、一緒にしまってあった抱っこ紐の防寒カバー、Baby Hopper(ベビーホッパー)のウィンターマルチプルカバーも出しました。

 

 

Baby Hopper(ベビーホッパー)のウィンターマルチプルカバー

ベビーホッパーのウィンターマルチプルカバーは、エルゴベビー日本総代理店ダッドウェイから誕生したエルゴベビーにぴったりな防寒カバー。

 

わたしが使用している「napnap×ベルメゾンのマミィラク」の抱っこ紐にも使用することができます。

 

購入したのは2016年のモデルですが、2017年の仕様を見ても大きな変更点はなさそうです。

 

【2017年8月1日〜変更されたところは下記の点のようです】

■ロングストラップを2.5cm長く変更。
■ロングストラップのボタンが5個から3個に変更。
■手を入れるハンドポケットのボアの位置と、手の甲にあたる側がボアに変更。
■商品についているタグ「3Mシンサレート」のロゴデザインを変更。

 

↓わたしの使用している、2016年仕様のウィンターマルチプルカバーはこんな感じ。

写真に細部が写るように明度を上げているため黒い色が色褪せて見えますが、実際は綺麗な黒です。

 

【肩紐】

ストラップを抱っこ紐の肩紐にパチンと留めます。

【足元】

抱っこ紐のこの部分に通してパチンと留めることで、カバーがめくれるのを防ぐことができますが、普段肩紐のストラップしか付けていません…。

写真右下に付いている調整紐で足元のたるみ具合を調整します。

【3Mシンサレートのマーク】

高機能中綿素材で、同じ厚みの一般的なポリエステルやダウンより暖かく、保温性が損なわれず濡れてもすぐ乾くそうです。

【ポケット】

右左両方ついています。

【裏側】
なめらかで気持ちの良い肌触り。あたたかいです。

【足元】

足がすっぽり入るようになっています。

【フード】

フードも裏地しっかり。

【全体】

全体でははこんな感じ。
とっても簡単に取り付けられて、あたたかいです。

↓色味はこの写真の感じが近いです。

【ベビーカー F2プラスAF に装着】

左右2か所、ストラップをパチンと留めるだけで装着できます。

【畳んだ状態】

くるっと巻くと小さくなります。

 

機能性も良く、デザインもスッキリしているので人気なのも頷けます。

 

赤ちゃん、乳幼児に寒い思いをさせるのは辛いです。

防寒カバーさえ付けたら、多少薄着でも防寒できる安心感がベビーホッパーの防寒カバーにはありますね。

購入してから2度目の冬になりますが、まだまだお世話になる予定です。

 

今年も頼りにしてるよ、ベビーホッパー!

 

小売店で購入しましたが、ネットで購入した方が特典もあっていいですね!

napnap×ベルメゾンの【マミィラク】の抱っこ紐、使いやすいです。
ふつうのタイプのnapnapと、ベビーホッパーではない防寒カバーの組み合わせ。
これはお値段的にお得に感じるセットかもしれません。