【王様の涙】500円以下のデイリーワインで、夕方からはゆるりといこう

ON・OFFがむずかしい、フラットな毎日。

夕方17時からは、「王様の涙」というデイリーワインで気持ちを切り替えることにしています。

もともといろいろな500円前後のワインを飲み比べていたのですが、お気に入りのワインが自分の定番として定着したので、記事にしてみました。

王様の涙」ライトボディの赤ワイン、何本買ったかわからないくらいリピートしています♡

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12

「王様の涙」ライトボディの赤ワインは、安いし飲みやすいです

▲空き瓶はすぐ捨てる派ですが、頑張ってしばらくためてみました 笑

お店によるとは思いますが、王様の涙はドラッグストアで400円くらいで売ってるんです。

安くて美味しいワインというと、アルパカが有名ですよね!

そのアルパカより、「王様の涙」は確実に安いんです。

一番重要なのは味ですが、個人的には癖もなく甘くもなく軽やかで、とにかく飲みやすいワインだと感じています。

アルパカをわざわざ買わなくてもいいかな〜と、わたしは思いました。

アルパカも勿論好きなのですが、4日に1本くらいの感じで新しいものを開けるので、節約の面も考えたトータルバランスで王様の涙に軍配があがります。

いつかのグリル満点星 麻布本店のランチコース。カンブリア宮殿という番組を観て、どうしても食べてみたくなって。ワインに合う前菜。

そんなわたしが他に価格と味のバランスで好きなのは、セブンイレブンのPB、セブンプレミアムのワイン「ヨセミテロード」の赤です。

▼セブンイレブンのヨセミテロードも好きです。バランスの良さを感じます。王様の涙よりお値段は少し高いです。

▼こちらはセブンイレブンのアンデスキーパー。ヨセミテロードより安く、王様の涙と同じくらいの価格。

アンデスキーパーは、ちょっとクセがあるかな。

わたしは、セブンイレブンのワインならヨセミテロードを選びます。

というわけで、アルパカやセブンイレブンのワインあたりで普段用のワインを検討している方に、「王様の涙」をおすすめします!!!

どんなことにも言えますが、メリハリって大事ですよね。

美味しいもの大好き、とっておきの時に飲みたいワインやシャンパンもあります。

でも、そういうのはとっておきの時だけで充分です。

毎日をちょっと楽しむためにあるのがデイリーワイン。

これからも「王様の涙」でほっと一息、家飲みで気分転換したいな!

ヘルシーで安い!鶏胸肉を唐揚げにしました。

自粛期間中、食費がかかる、太ってしまう、食べることが楽しみすぎる…。

それら全てをカバーしてくれる、鶏胸肉の唐揚げ。揚げながらワインです。

鶏胸肉レシピ、増やしたいな〜。

こちらは鶏モモ肉。野菜と一緒に焼いたものを、おつまみに。

野田琺瑯のバットに鶏肉と野菜を入れて塩を振ります。魚焼きグリルで焼いただけです。

魚焼きグリルで焼くと、焼き鳥のように香ばしくなるところが好き。

▲貝印のSELECT100のキッチンバサミは、外して洗えるので衛生的。かなり重宝しています。

鶏肉は、キッチンバサミでカットすると洗い物も減って楽です。

そして、バットごとドンと食卓へ 笑。トングでとりわけます。

プティモンテリア スパークリング、よく冷やしたこれも好きです!しゅわしゅわ〜

照明を間接照明にして、Amazon Echoのアレクサにジャズステーションを再生してもらえば、狭ーいキッチンでも雰囲気が良くなってご機嫌です。

音楽はアレクサが頼りになるな。

最後に

Alexas_Fotos / Pixabay

17時過ぎたら、グラスワインでゆるりと、ね。

 

家計を圧迫しないお値段で気軽に飲める「王様の涙」はおすすめです。

17時からのワイン、程よくリラックスできて最高〜!

少しでも楽しい気分、安らげる気分を感じられるステイホーム週間になりますように。

▼「王様の涙」よ、いつもありがとう!でも、なんで「王様の涙」って名前なの?と思い検索してみました。

道に迷った王様を、農家の人が優しくおもてなし。優しさとワインの美味しさに涙した…というスペインの逸話が由来のようです。原産国スペインのワインなので、なるほど〜と思いました。

コルク栓ではなく、スクリューキャップです。

▼こんなに種類があるなんて知らなかったです!楽しめそうなセット。

関連記事

朝はシャキッとさわやかに。

アレクサにはアマゾンミュージックのプレイリストから「モーニングカップオブコーヒー」をお願いすることが多いです。それか、ラジオのJWAVE。

懐かしい記事ですが、リフレッシュは今も大切だなと思います。

【育児疲れの自分をケア】ふわふわの泡でリフレッシュ

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12
レスポンシブル2.12

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする