【コロナ禍での予防接種】予約して行ってきました【日本脳炎・4才】

予防接種のお知らせが送られてきましたが、行くのか行かないのか検討する気分にもなれず、思考停止でしばらく保留にしていました。

(ベストな選択を一つ一つしていくことに、決断疲れしませんか?)

そろそろちゃんと考えようと思いクリニックのHPを見たら、予約制で安全に配慮しての受付を行っていました。

それならと思い、どきどきしながら予防接種を受けてきました。

▲母が作ってくれたマスクが送られてきました。ありがたいです。

自分の健康診断は先送りにしましたが、娘の予防接種は予定通りにできてホッとしました。

コロナもはやく予防接種ができるようになるといいですね。

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12

病院セットのポーチを持って

▲母子手帳ケースみたいなものも使いましたが、仕切りのない普通のポーチの方が使いやすいと感じました。無印のメッシュポーチや、マリメッコのポーチも良さそうです。


病院セットはこんな感じにしています。

●母子手帳
●娘のお薬手帳
●わたしのお薬手帳
●病院用ミニ財布(診察券、保険証、病院用のお金を付録のお財布に入れてます)

ミニ財布には一定のお金が必ず入っているようにしています。

(防災の観点でも、パッと持っていきたいセットに一定のお金が入っていると安心かなと思っています。病院以外でも急遽入用になった時に、ここから拝借することもあります。)

夫の分は夫が管理しています。

診察券・保険証は自分のお財布に、お薬手帳はどうも放置しているようです!?病院に行った後かかった費用を渡しています。

病院(小児科クリニック)の対応

予約した時間にクリニックに行くと、患者さんは一人もおりませんでした。

普段と全然違う、がらんとしたクリニック。

同じ時間帯に被らないように予約を受け付けているようでした。

(次の患者さんの時間までしばらくありますから、急がなくて大丈夫ですよ〜と声をかけて頂きました。)

病院の窓は開いていて風通しもよく、待合室は調子が悪い方の為の部屋と、予防接種や健診の方の部屋を分けていました。

安心して過ごせるように対応していただき、緊張していたのでなんというかジーンとしました。

医療従事者の方々に感謝です。

ハンドソープがドラッグストアに売っていなくて…

話はずれますが、最近のドラッグストアでのこと。

ハンドソープの在庫がなくなりましたが、ドラッグストアでは入手できませんでした。

なんとなく、マスクも出回り始めたからハンドソープもあるだろうと思っていましたが、甘かったですね。

しかたがないので、隣の棚に売っていたボディソープで代用することにしました。泡のハンドソープを使っていたので、泡のボディーソープで。

ハンドソープ、ネットでは買えるようなので、注文しなくては。

こどもちゃれんじにおまけでついてきたビオレのハンドソープに、ディズニーランドのハンドソープのポンプを付け替えて。

最後に

子育て中はいろんな判断や決断を親がすることを求められますが、コロナでその機会が増えてますよね。

ちょっとした負担に感じます。

とりあえず、予防接種が心配の種だったので無事終えられてホッとしました

▲エマールがかわいいパッケージに!

▲ハトムギ化粧水もムーミンボトルで可愛い♡

小さく和みました。(こういうの、大事!)

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

▼関連記事

よろしければ、こちらもお読みください。

楽にできるところは、楽にしたい!

【手間を省く・やめる】「楽」家事のための工夫3つ

スポンサーリンク
レスポンシブル2.12
レスポンシブル2.12

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする